インターネット光回線の選び方やポイント

ネット光回線には大手NTTが提供するフレッツ光や光コラボレーションのNTTドコモ光、ソフトバンク光、OCN光が有名ですが、KDDIのau光、So-netのNURO光などがあります。

電力会社系ではPikara、ケーブルテレビ会社系ではJCOMなどになります。

光回線や光コラボレーションの新規申込や乗り換えなどを検討されているかたも、どこの光回線がよいのか悩まれることもあるでしょう。

光回線の選びかた

光回線の新規申込や乗り換えなどを検討する場合に、通信速度や月額料金、割引やキャンペーン、プロバイダやWiMAXなど様々な視点で選ぶことになります。

また、有線や無線などでも変わってくることになります。

一般の家庭で利用されている有線は、光回線とADSLがメインです。無線タイプには、WiMAXやモバイルルーターなどが代表的になります。

光回線利用とプロバイダ

光回線を利用するには、NTTフレッツ光やKDDIのauひかり、フレッツ光回線などの設備を利用している光コラボレーション、SoftBankのSoftBank光、NTTdocomoのドコモ光などと契約することになります。

通信回線事業者と契約してもインターネットは利用することができません。インターネット接続会社のプロバイダが必要になります。

例えば、NTTフレッツ光を利用する場合には、OCNなどのプロバイダとも契約しなければ、インターネットが閲覧できないことになります。回線事業者とプロバイダが揃ってなければいけません。

光回線とプロパイダのセット割引などのお得な料金プランも提供されています。

利用される回線事業者により、提携しているプロバイダがあり、そこから希望するプロバイダを選ぶことが多くなっています。プロバイダを乗り換えることも可能になります。

ただし、最低利用期間など設定されていれば、期間内の解約は手数料が発生します。

光回線や光コラボレーションには、NTT東西の光やADSLをはじめ、KDDIのauひかり・SoftBankのSoftBank光、NTTdocomoのドコモ光、電力会社が提供する光、CATVの光やケーブルテレビ回線などお得な料金プランなどを提供しています。

光回線やプロバイダを選ぶ時には、格安料金だけでなく回線速度やサポート面、安心感や安定性なども考慮することが必要です。

また、携帯電話と光のセット割りを利用される方も増えています。携帯電話と光コラボレーションの組み合わせで、毎月の基本料金や通話料が割引になるプランが提供されています。

ご自分に適した光回線やプロパイダを選択しましょう。