光コラボレーション(光コラボ)のメリットやデメリット

光コラボレーション(光コラボ)という言葉を見たり聞かれるとおもいます。光回線の新規申込や乗り換えに、光コラボを検討される方も少なくありません。

光回線と光コラボの違いや内容などを理解ておくことが必要になります。

光コラボレーション(光コラボ)

フレッツ光は、NTTが自社ブランドとして販売しています。

NTT東日本やNTT西日本からフレッツ光の提供を受け、各事業者に提供して販売されるのが、光コラボレーションになります。2015年に光コラボレーションがスタートしました。

フレッツ光は、NTTや代理店などが直接販売していましたが、フレッツ光回線を卸事業者に提供して販売することが可能になりました。光回線と各事業者の独自サービスやセット割引などを合わせて、ユーザーに提供するのが光コラボレーションになります。

NTTから、他の事業者との契約に切り替えをすることも可能です。

割引プランなどの期間中に契約を解除すると、契約解除料や解約金が発生することになりますが、光コラボの転用には解約金などは発生しません。ただし、プロバイダーの契約変更の場合は注意が必要です。

光コラボレーションの事業者

光コラボレーションを提供している事業者は、100社以上にもなります。

ご自分に適した業者やプロパイダーを見つけることが必要になります。独自のサービスや料金プラン、キャンペーンなどを展開して、ユーザーの獲得を行っています。

大手通信キャリアのNTTdocomo、ソフトバンクなども光コラボを提供しています。

auひかり、ドコモ光、ソフトバンク光は携帯電話やスマートフォンを契約していると、セット割引などで月額料金がお得にるサービスやキャンペーンなどがあります。

インターネットプロバイダー、ケーブルテレビ、電力会社などの事業者など光コラボレーションを取り扱う業者が急増していることもあり、光コラボを選択する幅も広くなりました。

光コラボレーションのメリット

NTT東日本と西日本が自社で販売していた光回線を、事業者などが独自のサービスで提供できることになり、メリットが増えてきました。

NTTフレッツ光から乗り換えをすることも可能になっています。フレッツ光より低料金で利用することが可能になります。月額料金が安くなることが大きなメリットだといえるでしょう。

取り扱い事業者には、インターネットプロバイダー、ケーブルテレビ、大手携帯電話会社(ドコモ・au・ソフトバンク)などがあり、独自のサービスやセット割、キャンペーンなどでお得に利用することが可能です。

また、格安SIMとセット利用することも可能です。

プロパイダと統一されていることが多く、面倒な手間も少なくなり請求元も一つにできることが可能です。

NTTフレッツ光を利用している人は、フレッツ光回線をそのまま利用でき工事なども必要ありません。

光コラボレーションのデメリットや注意点

光コラボにはメリットだけでなく、当然のことながらデメリットや注意点も必要になります。

光コラボレーションを選択する際に迷うことがあります。料金プランや通信速度、キャンペーン、キャッシュバックなどだけでなく、総合的に判断することが必要になります。

フレッツ光より速度が遅くなることがあります。プロバイダによっては速度がでなかったり、遅くなることがあります。同じ光回線でもプロパイダの接続機器により、速度や品質に影響があるので注意が必要になります。

プロバイダの変更が必要になることがあります。契約期間内であれば違約金などが発生することもあります。

光コラボレーション(光コラボ)の内容を理解して、メリットやデメリット・注意点などを把握しておくことが大切です。契約内容などの確認もしましょう。

ご自分に適したお得な光コラボ事業者を選ぶことです。

最後に注意してほしいのは、ご自宅に訪問して来たり電話での勧誘です。

月額料金が安くなる、工事費など一切不要ですなどの言葉で勧誘してきます。なかには、NTTの代理店などを名乗り勧誘する業者もいます。光コラボの利用は、よく検討しから決めましょう。