光回線の最低利用期間や契約期間・違約金・契約解除手数料とは

光コラボレーションや光回線を検討される場合、最低利用期間が設定されていることがあります。

最低利用期間内に解約や変更された場合、契約解除料などの解約金手数料や違約金などが必要になることがあります。携帯電話などでよく聞く縛りのような内容になります。

最低利用期間とは

最低利用期間とは、契約成立日から一定期間利用することです。最低利用期間内に契約を解除したり解約すると、解約金や違約金が発生します。最低利用期間の定義は事業者により違いがあります。

キャンペーンや割引きの適用などで設定されることがあります。

携帯電話で縛りという言葉を聞いたことがあるとおもいますが、最低利用期間も似たようなもです。

最低利用期間は6ヵ月から24ヵ月程度があり、事業者やコースなどにより違いがあります。

光回線などのご契約の際には、必ず確認をしましょう。

最低利用期間のメリットやポイント

最低利用期間などの縛りにメリットなどあるはずがないと、思われるかたも少なくありません。

最低利用期間が設定されると月額料金の割引きやキャンペーンなどの適用も受けることが可能になることがあります。一定期間利用するとメリットもあることは間違いありません。

月額料金やコースにより割引きなどに違いはあります。契約しようと考えている、光回線や光コラボの業者で確認してください。

ドコモ光やソフトバンク光などは、スマホやガラケーを契約していればセット割などが受けられるなどお得に利用できます。

事業者によって最低利用期間がない・違約金や解約金手数料が不要なプランや商品もあります。ただし、最低利用期間がない場合は、特典やキャンペーン・月額料金の割引きが適用されないこともあります。

違約金や解約金手数料

最低利用期間内に解約すると解約手数料や契約解除手数料が必要になります。解約金などの金額は業者やプランなどにより違いがありますが、10,000円程度に設定されています。

最低利用期間や解約金などを把握しておくことも必要です。

プロパイダーや割引きプランなどにより金額に違いがある場合があります。事前によく確認しておくことが必要になります。

自動契約更新に設定されている場合は、更新月が2ヵ月間程度設定されていることが多く、更新月に解約することで違約金などは発生しないことになります。

事前に確認しておくことで、無駄な手数料を抑えることが可能になります。

光回線などは格安SIMやスマホとは違い、一般家庭で安定した通信速度や通信品質でインターネット環境が得られます。短期間で乗り換えは少ないので、新規契約や乗り換えの際によく検討することで、お得に長く利用することが可能になります。

何よりも、ご自分に合った光回線や光コラボレーションを選択することが大切になることを忘れてはいけません。