光回線や光コラボの通信速度が遅い・速度が落ちる理由や原因と改善策

光回線や光コラボレーションなどを利用している方には、通信速度が遅いとか通信速度が落ちた感じる人もいるとおもいます。通信速度が遅くなるなどには、必ず理由や原因があります。

また、急激に速度が落ちているのか、常時速度が遅いのかにもよります。

通信速度が遅そい・通信速度が遅くなった理由

光回線や光コラボを使用しているにも関わらず、通信速度が遅いとストレスになります。速度が遅いと感じたり、急激通信速度が落ちた場合などは、原因を探ることからはじめなければいけません。

原因をみつけて対処できる方法を試してみましょう。簡単に紹介してみます。ネット回線の速度をスピードテストなどで測ることも出来るので、現在の通信速度を測ってみことも必要になります。

パソコンや周辺機器が影響している

パソコンによっては、処理速度やメモリー容量だけでなく、ハードディスクのアクセススピードなどが原因で、ブラウザーの表示処理が遅くなることもあります。

OSやLANケーブルなどが高速通信に対応できない古いものを使用していることなども原因の一つです。複数のセキュリティソフトを入れていると、競合してしまい通信速度に影響がでることがあります。

セキュリティソフトなどを停止させてみたり、設定のやり直しなどで改善できることがあります。また、最新の状態へ更新を忘れずにおこないましょう。

LAN側に問題や不具合がある

有線LANケーブルの規格は、カテゴリー5・カテゴリー5e・カテゴリー6・カテゴリー7の4種類があります。数字が大きいほど、高速の通信速度にも対応しています。

古いLANケーブルを使っている場合には、光回線の1Gbpsに対応していないものがあります。

LANケーブルやLANカード、ルーターやハブなどのネットワーク機器などが古く対応していなければ、速度が遅くなってしまいます。ネットワーク機器などは1000BASE-Tに対応しているものを選びましょう。

無線LANを利用されている場合は、IEEE802.11a・IEEE802.11b・IEEE802.11gなどは、最大通信速度が100Mbpsを下回ります。無線LAN親機の規格だけでなく、無線LAN子機の規格もおなじになります。

無線LANの場合は、一度有線LANで接続してみましょう。

ネットワークの混雑

アクセスが集中する曜日や時間帯、一時的な要因で混雑が発生し、通信速度があがらないことがあります。これは、光回線の急激な普及が進み、利用者が多くなりました。

光回線事業者にもよりますが、インターネット回線に障害などが出ていないか確認しましょう。

また、混雑する時間帯などを避けるなどで対策してみましょう。通信相手(ウェブサイトなど)にアクセスが集中していることで、サーバーに負荷などが掛かり、サイトの表示などが極端に遅くなったりします。

インターネット回線ではなく、アクセスしたサイト側の問題です。

光回線を利用している事業者に、お問い合わせをすることも大切です。

プロパイダ側に原因がある

インターネット接続のために必ずプロバイダと契約していることになります。

通信速度にはプロバイダによっても遅くなることがあります。プロパイダーの設備機器状況やエリアなど、曜日や時間帯によって回線が混雑して通信速度が遅くなる原因になります。

光回線で高速通信や安定した速度などを利用するには、1Gbpsに対応したプロバイダが必要になります。速度が遅い場合などは、プロバイダの乗り換えも必要になります。

プロパイダー選択は慎重にすることをおすすめします。

通信速度をあげる改善策が見当たらない

通信速度が遅くなったり、通信速度が落ちた場合などの考えられる理由や原因、改善方法などを紹介しましたが、速度が改善させない場合は利用されている、光回線事業者の電話などでお問い合わせをしてみることが大切です。それでも、駄目な場合は乗り換えを検討しましょう。